ページの先頭です。
本文をスキップしてメニューを読む

TOEIC Bridge 教材

Newton TOEIC は、一人ひとりが自分のペースで学べる、自動習熟システムの英語学習教材です。

TOEIC Bridge 英語教材の紹介

中学生から大人までの「使える」英語力を徹底的に養います。

TOEIC(R)TESTのベーシック版 TOEIC Aコース

TOEICテスト450点の「英語力」を目標にしています。

TOEIC (R) TESTは、基礎的な「英語コミュニケーション能力」を体系的、客観的に評価するためにアメリカのEdjucational Testing Service(ETS)によって開発され、実施されているテストです。

現在、全国立大学卒業時の平均スコアは450点程度と推定されています。

TOEIC Bridge (R) TESTは、TOEICテストでスコア450点に満たない方に受験してもらうための、いわばTOEICテストへの架け橋としてのテストです。

日本人にもっとも不足している「日常使う英語」の学習指標

アメリカ人はもちろん、フィリピンやシンガポールの子供なら誰でも使える「基礎英語」を、日本人はいちばんニガテとしています。現地で誰もが日常使う「基礎的な英会話」でさえ、日本人には明快に聞き取れません。これは、中学校で英語を習い始めてから大学を出るまで、「英語を聞く」機会が圧倒的に不足しているからです。

TOEIC Bridge (R) TESTで出題されるリスニングはトータルで約2000文例。これを徹底的にトレーニングすればリスニングは満点です。同時に、英会話力がおもしろいほど向上しているはずです。

また、文法や語法、「英文」も「日常使うもの」ばかりです。これらをしっかり身につければ、英語圏での生活にほとんど不自由しません。

日本人は大学入試の英語など、とびきり難しい「英語」の勉強はしてきています。しかし、TOEIC Bridge (R) TESTのような日常のコミュニケーションに欠かせない「基本英語力」が極端に不足していると、「あたりまえ」のコミュニケーション能力が身につきません。

TOEIC Bridge (R) TESTは、日本人にとって待望の「使える英語力」の指標です。


メインメニュー

サブメニュー