ページの先頭です。
本文をスキップしてメニューを読む

ニュートン TOEIC750

Newton TOEICは、一人ひとりが自分のペースで学べる、自動習熟システムのTOEICテスト教材です。

TOEIC TEST 教材

TOEICスコア 800点以上を目指す方のために開発された、TOEICテスト・英語教材。

TOEIC (R) TEST 750点

TOEICで750点を実力で取れる「英語力」を目的にしています。

Newtonでは、過去の問題と傾向を徹底分析し、750点以上を取るために必要な単熟語、リスニング対策、文法、長文読解用の完全習熟教材ソフトを開発しました。このTLTソフトで学習すれば、英語が苦手・得意にかかわらず、TOEICテスト750点以上にもっていけます。

29,000人を超える会員実績をもつTLTソフト

TLTソフトは3年間で2万9000人を超えるTOEIC受験者に使用され、750点未満での返金対象者は5%程度です。学習内容は、短期間に800点はゆうに突破できる内容となっています。リスニング問題で2010問を徹底的に頭にすり込みます。長文読解ではA、B、Cのレベル別に出題文書600題設問合計1849問に加えて2文書対応問題として200文書400問、この膨大な演習をスモールステップで1項目ずつ完全習熟すると、その証明として習熟証明番号が表示されますので、確認しながら確実に全学習をこなせます。

スコア750を確実に突破するための習熟戦略。
全200問に対応して1問題種づつ征服していく

TOEICテストのリスニング分野では、Part1(10問)、Part2(30問)、Part3(30問)、Part4(30問)の合計100問、文法語彙分野では、Part5(40問)、Part6(12問)の合計52問、長文読解分野はPart7で48問、全部で200問が出題されます。それぞれの問題種別はおおよそ決まっていて、たとえば第1問目の問題はその構文と語彙範囲が決まっています。

もちろん2問目も、18問目も、また、文法の115問目も、長文読解の189問目も何問目の問題に対しても毎回、ある意味では同じ学習範囲、同じレベルで出題されます。公式テストでは新作問題が出題されるようですが、大学や企業で団体試験の場合は毎回、試験ごとに問題を作っているのではなく、たとえば1問目には予め50題など200問すべてに多数同種の問題がデータベースとして用意され、1〜200問をそれぞれ無作為にデータベースから選べば試験問題が作れると考えれば理解できると思います。

TLTソフトでは、各問題の種類と範囲、傾向を分析し全200問について50以上の習熟事項と類題で徹底的に演習を繰り返し、そして1問目なら何度試験を受けても瞬時に正答できるようにします。こうして、2問目、3問目…と征服していき、ついには全200問目すべてを征服します。

またTLTソフトの「習熟度管理機能」によって、学習計画表の各章各単元でそれぞれ全ステップを完全習熟すると、それを証明するあなた固有の「習熟証明番号」が表示されます。

戦略としては全コースの「習熟証明番号」が表示されれば、990点のフルスコアが獲得できるしくみです。もちろんケアレスミスやその日のコンディションでスコアが決まりますが、少なくとも800点は取得できると考えられます。

Newton TLT

《Newton e-Learning のここがスゴい!》

  • ◎間違えた問題や知らなかった単語のみを繰り返しトレーニング→ 非効率な部分を徹底排除!
  • ◎忘却曲線を活用した徹底習熟→最終的には全てが頭にスリ込まれる!
  • ◎ディクテーション機能→ ネイティヴの英語がナチュラルスピードのまま聴けるようになる!
  • ◎コンピューターで分析・厳選した計3000のボキャビル→ レベル別で段階式に進めるから安心!
  • ◎時間制限付きで前から英文を解釈するプログラム → 英語の語順に逆らわず速読することが可能になる!

メインメニュー

サブメニュー