ページの先頭です。
本文をスキップしてメニューを読む
eラーニングは、一人ひとりが自分のペースで学べる、自動習熟システムの学習教材です。

学校・企業

活用事例 - 各校の Newton e-Learning の取組み

羽衣学園高等学校様の取組み

 e-Learning 導入学校

学校について

 

私立羽衣学園は、大阪府高石市にある中高一貫校です。 2013 年に創立90 周年を迎える伝統校で、創立当初より「自由・自主・自律・個性の尊重」の人間教育を通して、世界的視野で社会に貢献できる人材の育成を実践しています。

同校は『世界に羽ばたく人材の育成』を校是とするだけに、英語教育や情報教育に力を入れており、2007 年には「TOEIC(R)TEST 対策講座」が授業科目として認められました。

さらに2009 年度からは、高等学校に「国際TOEIC(R)専攻コース」が設置され、ニュートンと契約してe ラーニングを用いた「TOEIC Bridge(R)自学自習講座」が開講されました。

その羽衣学園高等学校において、2010 年5 月28 日、情報管理室長の米田謙三先生によって、『Newton e-Learning を利用した英語学習』と題するe ラーニング研修会が開催されました。今回は、この研修会の内容をもとに、同校の e ラーニングへの取り組みについて紹介します。

 

羽衣学園 中学校・高等学校ホームページ

「通常授業でのwラーニング」プラス

「放課後のラーニング」

 

羽衣学園では、通常授業はもちろん課外活動の充実を図るためにもe ラーニングを活用しています。

e ラーニングでは、学習者が各自の進捗状況や理解状況に応じて、自分のペースで学習が進められるという利点があります。 羽衣学園では、この特長を活かし「生徒が自主性をもって継続的に学習を進められる」ことを目標として、昨年から「通常授業でe ラーニングに取り組む」ことと並行して、「放課後にもe ラーニングに取り組む」時間を設けています。

この時間には、生徒がAET(Assistant English Teacher 英語指導助手)や担任の先生からの指導や、外部講師による面談を受けることができるようになっています。

そして、教員全員がNewton e-Learning の管理者画面を共有し、生徒たちの学習状況を把握することによって適切な指導を行っています。

 

環境を提供していくことも学校側の役割

 

米田先生は「Newton e-Learning の素晴らしさは、生徒が自分自身のペースで学習を進めることができることと、自分の実力を分析することができるところにある」と指摘しています。

さらに、先生は「Newton e-Learning の特長は、『間違った問題をランダム学習できる』ところにある」ことを評価しつつ、教員が配慮することして、「生徒に学習の進め方をアドバイスし、繰り返し学習が時間の空費にならないようにする」ことや、「Part や問題の種類によっては、合格マークが出なくても生徒が学習を進められるようにする」ことも必要である、と提案しています。

同校では、e ラーニングを活用する通常授業は、CALL 教室で日本人教員が担当しています。 しかし、2010 年からは週一回放課後に、学年に関係なく希望者を対象として、AET が課外e ラーニングの指導にあたっています。「最適な学習環境を提供していくことは学校の役割である」というのが米田先生の持論です。

 

学校案内にはNewton e-Learning システムの紹介も

 

羽衣学園が、e ラーニングを導入するうえでキーワードとしたのが以下の4 つです。

  • 教材の選定
    (1)TOEIC(R)TEST が英語検定(英検)より社会で活用されていることを考慮し、「TOEIC(R)TEST 講座」を開講するにあたって、費用と内容を考慮して、複数の候補の中からNewton e-Learning を採用しました。
  • (2)英語科教員・管理職者向けの説明会の実施
    「国際TOEIC(R)専攻コース」でTOEIC(R)TEST 講座を開講することになり、英語科教員・管理職者を対象にニュートンがe ラーニング説明会を開催しました。教材を実際に体験することにより、e ラーニングの良さを実感できました。
  • (3)他教科との連携
    「情報」科目の授業では、情報担当の教員が指導をすることで、生徒のコンピュータ・スキルが向上しました。タイピングの練習を徹底することで、生徒たちは短期間でPC の操作に慣れました。
  • (4)生徒や保護者の方への提案
    学校案内のパンフレットでは、英語とりわけTOEIC(R)TEST の必要性を説くとともに、Newton e-Learning システムの紹介もしています。 また、オープンキャンパスでは、来校者が実際にe ラーニングを体験できる機会を設けています。 Newton e-Learning はTOEIC(R)TEST の学習を最初歩から自律学習できるため、羽衣学園の教育改革の効果的な取り組みの一つとなっています。

 

奈良工業高等専門学校の取り組み

 e-Learning 導入学校

学校について

 

全国には、国公私立あわせて約60 校の工業高等専門学校が設立されています。

現在、工業高等専門学校においては、国際的に通用する技術者を育成するため、英語教育の質の向上が求められています。

国立奈良工業高等専門学校(奈良県大和郡山市)では、Newton e-Learning の導入によってTOEIC(R)TEST のスコアが飛躍的に上昇しました。

今回は、同校一般教科英語准教授・金澤直志先生が執筆された「Newton e-Learning TLT の導入に至った目的と経緯」と題する資料をもとに、同校のe ラーニングへの取り組みについて紹介します。

 


 奈良工業高等専門学校ホームページ

2007年Newton Aコースを導入

 

2002 年度以降、奈良工業高等専門学校は、JABEE(日本技術者教育認定機構)やJIHEE(日本高等教育評価機構)などの外部審査と認証評価を受けるために、学校全体の研究教育カリキュラムの再構築を検討していました。

そして2004 年度には、学生の英語学習を支援する設備の充実を図る一環として、Web 教材を活用した英語科目を開講しました。

さらに2007 年には、TOEIC(R)TEST スコア500 点以上を目指して、ニュートンの“TOEIC(R)TEST 対策A コース”を試験導入し、その後正式に採用して現在に至っています。

 

教員と学生の両者に対して優しいサービス

 

金澤先生はNewton e-Learning について、「完全にWeb 上の教材なのでサーバー管理の煩わしさから解放される」うえに「学生が学習時間と場所を選ばすにアクセスできる」という利点を挙げています。

さらに「TLT のコンセプト」と「問題量の豊富さ」にも納得して、導入を決定したそうです。

しかし、それ以上に教員として助かっている点として、「ソフトウエアをカスタマイズできること」「利用者である学生も教員も優しいサービスが受けられること」「サポートの対応が迅速であること」を挙げています。

 

スコアが平均49.1 ポイント上昇

 

2008 年度には、担当する全クラスに“TOEIC(R)TEST 対策A コース”を導入しました。 その結果、受講した194名のTOEIC(R)TEST の点数は、平均49.1 ポイントも上昇しました。

TOEIC(R)TEST 対策A コース教材を利用していない他のクラスと比較すると、受講していない183 名は平均15.3ポイントの上昇にとどまったとのことです。

このように、2008年度の受講生は、“TOEIC(R)TEST 対策A コース”A の全体進捗率が約40%であったにもかかわらず、大いに成果をあげることができました。

また2009 年度末(2010年3月末)には同校受講生のほとんどが“TOEIC(R)TEST 対策A コース”を100%クリアするので、今後のテストでのスコアの伸びが期待されています。

 

富士見丘中学高等学校 様の事例

e-Learning 導入学校

学校について

東京都渋谷区にある、中高一貫教育の女子校。
3年生の半数を占める大学進学の「内定者」を対象にe-Learningを使ってTOEIC Aコースの指導を行っています。

e-Learning導入のメリットについて

何度も繰返し反復練習することによって確実に英単語の知識が身につきます。

学校側の管理・指導について

進捗管理画面で生徒の学習の進捗状況を把握することができます。

生徒の感想

  • e-Learningは間違えた問題が何回も繰り返されるので、自分の弱点が分かってよかった。
  • 正解しないと先に進めないので、一生懸命に聞き取ろうと努力するようになった。
  • アメリカに留学したいので、大学に入ってからもTOEICを頑張って勉強します。

e-Learningプログラム概要

  • 中1〜中2 中学3年間に学ぶべき全英単語の修得
  • 中3〜高1 TOEIC Bridgeの学習(ネイティブ講師による、英会話とオーラルコミュニケーション)
  • 高2 高校3年間に学ぶべき全英単語の学習
  • 高2〜高3 TOEIC(R)TESTへ向けた試験の対策を修了する

 

団体契約についてお問い合わせください

eラーニングに少しでもご関心、ご興味がございましたら、お気軽にご連絡ください。団体契約料金をご連絡いたします。eラーニング導入に関しまして面会をご希望の場合には、Newton社スタッフが学校・企業様にお伺いし、直接ご説明させていただきます。

Newton eラーニングの活用方法、カリキュラム、教材内容、サポート体制など、お気軽にご相談ください。 Newton eラーニングに関して疑問・質問がございましたら、どんな些細なことでも結構です。 お客様がご納得いくまで、Newton担当者が丁寧にご説明いたします。

団体契約に関するお問合せ

メインメニュー

サブメニュー