ページの先頭です。
本文をスキップしてメニューを読む

Newton TLTソフト センター試験対策

ニュートン センター試験英語210点は、一人ひとりが自分のペースで学べる自動習熟システムの受験学習教材です。

大学受験ソフト

センター試験対策 通信講座

センター試験 英語210点保証 ニュートンの受験講座で大学志望校合格へ!

TLTソフトとは


Testing (テスティング)― 自分の実力をチェック

Learning (ラーニング ― 知らない項目だけを学習

Training (トレーニング)― 覚えるまで繰り返し演習

の頭文字をとったもので、ニュートン社が、全くの初心者でも容易に、自動的に完全習熟させてしまうことを追及して開発した、自動習熟システムソフトの名称です。

ニュートンのTLTソフトは、パソコンによる「習熟管理機能」「完全暗記機能」、それに膨大な学習を超速で進める「ワンタッチ入力システム」、習熟度判定による学習者固有の証明番号表示等の仕組みが認められ、日米特許(国内No.3820421、米国No.5888071)を取得しました。

インターネット学習!だからできる超速習

TLTソフトでの学習は、すべてパソコンやスマホを活用し、インターネット上で行います。

受講者の実行力にもよりますが、TLTソフトでの学習は誰もが熱中してしまいますので、アッという間に時間が過ぎて「勉強」が飽きません。

TLTソフトは、これまでに経験したことのないリズミカルで超効率、超スピード習熟を可能にしました。

eラーニングと書籍での学習との最大の違いは、「音声」と「インタラクティブ性」。

たとえば、音声を聴くことは英語学習ではとても重要なことですが、CDプレイヤーを準備したり、大量のファイルの中から目的のものを探し出すのは非常に煩わしい作業です。

TLTソフトでは自動的に音声が再生されますので、CDプレイヤーの頭だし操作や膨大な量の音声ファイルの中から目的のものを探すような煩わしい操作は、まったく必要ありません。

また、TLTソフトでは、問題に取り組み解答を出すと、その瞬間にプログラムが正誤判定をし結果や解説を画面に表示します。

正しい答えや解説を見るために、巻末を探したり戻ったりといった煩雑な作業をすることなく、スムーズに学習を進めることが可能なのです。

脳科学に基づいた忘却曲線の応用で、正解から定着へ

TLTソフトでは、全ての問題に瞬間的に正答できるようになるまで、徹底的に繰り返し学習をします。

「覚えたつもりだったのに…」を防ぐため、出題形式・内容を少しずつ変化させたり、時間をおいて以前できた問題を再び出題したりします。

これは、時間の経過や新たな知識を吸収する過程で記憶が曖昧になり、次第に忘れていくという「忘却曲線」を応用したシステムが組み込まれているからです。

TLTソフトは、最後にはしっかり「頭にすりこむ」ようプログラムされています。


メインメニュー

サブメニュー