ページの先頭です。
本文をスキップしてメニューを読む
Newton TLTソフト e-Learningは、一人ひとりが自分のペースで学べる、自動習熟システムの学習教材です。

団体契約 代理店募集(法人の方)

全体の学習管理や、一人ひとりのサポートも簡単!

Newton e-Learningの団体向けサービス。

Newton e-Learningには、各団体が主体となって、受講者の自主学習を管理・サポートすることができる「団体契約」ならではのサービスがあります。Newtonが各団体宛に発行するID・パスワードを受講者に割り当てるだけで、簡単に学習をはじめられる環境が整います。

※ID・パスワードの割り当ては、各団体の専権事項のため、NewtonはID・パスワードの使用者や、個々の受講者の個人情報を知る立場ではありません。

 

受講者は進捗を確認しながら効率的に学習を進めることができます。

受講者は、自宅などインターネット環境のある場所ならどこでも、好きな時に自分専用のトレーニングジムを持つかのように効率的な反復学習を行うことができます。 受講者本人の画面上に学習の進捗状況が表示されるので、成績はもちろん、モチベーションの向上にもつながります。

 

学習管理者は「学習管理者専用画面」を通して 一人ひとりをサポート。

受講者の学習時間・進捗状況などがひと目でわかる「学習管理者専用画面」を持てるのが、団体契約ならではのメリット。学習管理者は、誰がどこまで学習しているかをいつでもチェックできるので、一人ひとりの学習に対するきめ細かいサポートができると同時に、今後の学習指針の決定にも役立ちます。

 

受講者は進み具合を確認しながら、効率的に学習を進めることができます。

受講者は、自宅などインターネット環境のある場所ならどこでも、好きな時に自分専用のトレーニングジムを持つかのように効率的な反復学習を行なうことができます。受講者本人の画面上に学習の進捗状況が表示されるので、成績はもちろん、モチベーションの向上にもつながります。

ワンタッチ入力システム ワンタッチ入力システム

 

「団体利用のメリット

Newton eラーニングは、インターネットを経由した学習システムです。 eラーニングのサーバーはニュートン社が管理していますので、お客様は、新たにサーバーを設置する必要がありませんし、サーバーの保守・運用のわずらわしさもありません。 費用は、教材の利用料金のみです。 お客様は、教材のID、パスワードがお手元に届きましたら、すぐに学習を開始することができます。

受講者の学習状況が一覧できる、「学習管理者専用画面」。

学校・企業様は、管理画面より学生、社員(ユーザー)の進捗状況を確認することができ、成績評価等の際に利用することができます。

管理画面では、ユーザーの「進捗率」や「学習時間」などを確認することができます。 これらのデータはCSV形式でダウンロードが可能ですので、Excel等でのファイルの管理、保存ができます。 また、メッセージ機能により担当教員、研修担当者より個々のユーザーに向けてメッセージを送ることもできますので、ユーザーに対して、きめ細やかな学習サポートが可能になります。

eラーニングのご利用がはじめてでも大丈夫!
Newton eラーニングの安心のサポート体制

学校・企業様が団体でご利用いただく場合、ご利用の際には、カリキュラム、学習スケジュールの作成、ガイダンスの実施など、授業や研修でのeラーニングのご利用がスムーズに開始できるようサポートいたします。 また、ご利用を開始した後、「ログインができない」「音声が出ない」といったシステムに関することから、「学生、社員のeラーニング利用が伸びない」といったeラーニングの運用に関することまで、あらゆる場面で学校・企業様のeラーニングのご利用をサポートいたします。

 

学習効率を向上させる便利な管理機能

Newton eラーニングでは、学校、企業様などで学習効率を向上させる便利な管理機能を搭載しています。 例えば、担当のクラスの学生の進捗状況が一目で分かる「管理者用管理表」、個々の学生に対して発信できる「メッセージ」機能、クラス全体に対する「お知らせ編集」機能その他さまざまな機能があります。

管理者用管理表

全体や特定のコース別・科目別に学生、社員(ユーザー)の進捗状況を確認することができます。 管理表には、ユーザーごとに進捗率や学習時間が表示されます。 また、期間指定をすることによって夏期休暇、冬期休暇などの学習状況に絞って確認することもできます。

[管理者用管理表画面]

メッセージ機能

個々のユーザーまたはグループ全員に対して一斉にメッセージを送ることができます。 メッセージ機能を活用すれば、がんばっているユーザーに対してさらにやる気を出させたり、学習の途中でつまずいてしまい思うように進んでいないユーザーにアドバイスを送るなど細やかな学習サポートが可能になります。

公開科目設定

コース内の学習科目の表示/非表示を設定することができます。 「単語・熟語を集中的に学習させたい。」「問題演習のみを行いたい。」などといった場合のように、学習の内容に合わせて学習項目を設定することができます。

[公開科目設定画面]

ステップ設定値変更機能

Newton eラーニングの特徴の一つである自動繰返し機能の繰り返し回数(トレーニング回数)を自由に設定することができる機能です。

各グループの状況に合わせて繰り返し回数(トレーニング回数)を設定することができます。

[ステップ設定値変更画面]

お知らせ編集機能

トップページのお知らせ欄を編集する機能です。 グループの全員に対して告知がある場合に活用することができます。

[お知らせ編集画面]

[お知らせ画面]

メインメニュー

サブメニュー